横浜の家族葬や埋葬について

横浜の家族葬や埋葬について

最近家族葬の人気が非常に高くなっています。特に横浜、東京、大阪といった首都圏でこうした傾向が顕著になっています。一般葬とは違って参列者はごく近親者と限定されます。そのため十数名程度で葬儀が執り行われます。なぜ昔のように盛大に一般葬が行われなくなったかというと、人間関係の希薄化、経済状況の悪化などが考えられます。人数が少ないからと言って決して寂しい葬儀ではありません。故人とじっくり向き合う時間が設けられえるとともに、会葬者への挨拶や返礼品などに時間を取られず、じっくりと故人とお別れをできるのが魅力です。また葬儀の在り方だけでなく、埋葬に関する価値観も変わりつつあります。和型三段の墓石ではなく、共同墓や樹木葬で埋葬する人も多くなっています。樹木葬は墓守する必要がなく、遺族の負担を軽減してくれます。

横浜での葬儀は家族葬ができます

人間は誰でも最後に死を迎えます。その後多くは病院に搬送され、医師によって死亡が確認されてから、死亡診断書を書いて貰います。それから遺族が葬儀を行います。昔から今まである葬式の形態は、葬儀屋に主に任せています。お坊様の手配や、葬儀に参列をお願いする方達に電話を沢山したり、など多忙を極めます。そして無事、葬式が終わり、火葬も済み、戒名も頂き、後は香典返しをするだけ、となります。しかしその時、葬儀屋からびっくりするくらい高額な葬儀費用を請求されます。そこで困らないように、横浜では家族葬という葬式形態が出来てきました。祭壇などは作らず、必要最低限のものだけ用意し、お坊様はオプションとなります。家族葬の場合、普通の葬式より遥かに安い料金で故人の弔いができます。おそらく、10分の1くらいの予算で行えます。遺族に経済的な負担をかけたくない方にお勧めできます。

横浜で家族葬をするならその内容は

横浜で何かあった場合、家族葬を行おうと考えている世帯があるのであれば、今のうちから知識を得ていても損はありません。高齢化社会となった我が国では、葬儀は他人事ではなくなってきています。4人に1人は65歳以上という統計数が出てきている今、葬儀の事も考えなければなりません。そこで、葬儀というのはどれくらいかかるのかです。家族葬では、葬儀屋によって違いますが、大体が30万円位です。お迎え、遺体搬送、安置、納棺、お通夜、告別式、出棺、火葬といったのが、プランに含まれているおおよその物です。これらにプラスして、オプションで解明授与やお布施に写真や式場の使用料にお別れの花や料理に返礼品といった様々な物が付いてきます。そうなると、30万円では済まないことがわかります。ただ、セット内容を見ただけで想定金額をしないようにしましょう。