横浜で行なわれる家族葬です

横浜で行なわれる家族葬です

大都市圏ではごく普通に行なわれている家族葬、最近では地方でも多く見られるようになりました。多くの人に見送ってもらった葬儀の方法も、かなり変わって来ているのでしょう。昔は、密葬と呼ばれ、小数で行なわれた葬儀を最近では、家族葬と呼ばれるようになりました。身内・親族だけで行なわれるものから、友人・仲間を含めて行なう葬儀の形を言うようです。周囲の人との付き合いが減り、会社関係の人たちとの関係も希薄になったことからも、多く人を呼んでの葬儀を行なわなくなったのでしょう。横浜のような大都市圏では、家族が一緒に暮らすと言うことが少なくなっていることも、その理由のひとつと考えれます。更には、葬儀費用もかなりかかることから、家族だけで行ない、無駄の少ない葬儀を希望する人も多くなっているのでしょう。時代が求める葬儀方法と言えることになります。

横浜の家族葬について

日本での葬式に関する意識は大きく様変わりしています。かつての日本では葬式も結婚式と同様、盛大に最期を送り出してあげたいと考える人が多く、たくさんのお金をつぎ込んで葬儀が執り行われました。しかし現代の日本はデフレ経済であり、葬儀に沢山のお金を使えなくなってしまいました。そのため葬儀に対しては節約志向であると言わざるを得ません。こうしたことは横浜でも見られることであり、横浜の葬儀会社も低コストでできる家族葬などのプランをたくさん用意しています。家族葬は従来の一般葬と比較してもそのコストは三分の一程度で収まると言われています。一般葬と違って参列者が少ないですが、アットホームで心の温まる葬儀を執り行うことができます。また参列者に返礼の品を贈ったり、改めて挨拶に行くなどしなくて済み、非常に気が楽であると言えます。

横浜の家族葬に関する考察

日本ではかつて冠婚葬祭が非常に重要視されました。それは冠婚葬祭時には親戚や知人など多くの人々が集まりコミュニケーションを図ったり、横つながりをもつことができるからです。しかし現代は親戚づきあいよりも楽しい娯楽が世の中に沢山あります。また親戚が遠隔地に住んでいたり、離散していることも多く葬儀を執り行っても親戚すら集まらないという事も多々あります。そのため横浜をはじめ全国的に葬儀は小規模で執り行おうという傾向が強くなっています。こうしたニーズに応えられるのが家族葬と言う葬儀スタイルです。10名程度のごく近い親族のみで葬儀が執り行われます。しかし葬儀の内容は一般葬と何ら変わりありません。非常に小規模でさみしい葬儀に感じられますが、故人としっかり向き合い最後のお別れをきちんとすることができるので、遺族にとって満足のいく葬式になります。そして何より費用が安いので遺族に負担がかからず助かると言われています。