横浜や全国規模の家族葬について

横浜や全国規模の家族葬について

現代は地味婚、スマート婚がブームであると言われています。できるだけ小規模で、コストを安く執り行いたいと考える人が多い傾向にあります。これは横浜だけでなく全国的にみられる傾向です。また結婚式と同様に葬式も小規模でコストを安く抑えたいと考える人が多くなってきました。これは日本のデフレ経済が色濃く影響していると考えられます。また高齢で亡くなる人が多くなり、その友人や知人に訃報を伝え、足腰が悪いのにわざわざ葬儀に参列してもらうのがためらわれるために、家族葬を考える人が多くなっています。小規模な葬儀であるものの、故人との出来事をじっくり回想し、きっちりとお別れすることができるとしてメリットが多いのも事実です。何よりも参列者が身内だけなので返礼品の品選び、会食の手配などが省略できるのが魅力です。最近では家族葬のほか直葬といって火葬場で略式に葬儀を行うことも人気になっています。

横浜や東京の家族葬について

冠婚葬祭の中でも葬儀は、人生を締めくくる大事なセレモニーと言えます。そのため昔から一般葬を盛大に執り行う傾向にありました。しかし現代では横浜をはじめ全国的にも、盛大に一般葬を執り行わなくなりました。それは日本の経済が大きく影響していると言えます。デフレ経済で多くの人の年収が減少の一途をたどっており、冠婚葬祭にお金をかけることができなくなっているからです。そこでリーズナブルに執り行える家族葬などが人気になっています。家族葬は参列者をごく限られた近親者に限定するので、一般葬の三分の一程度の費用で執り行うことができます。人間関係が希薄になっており、なおかつ不景気の日本において非常に理に叶っており、今後ますますニーズが増えることが予測できます。直葬であればさらに安く葬儀が執り行えるとして東京や横浜を中心にニーズが高まっています。

横浜家族葬に関する事

日本の葬儀と言えば、宮型の霊柩車が用いられ、祭壇には絢爛豪華な花が手向けられ、棺なども大工の匠の技が光る日本の伝統的な棺が使われ、実に盛大に豪華に執り行われるのが一般的でした。しかし現代では、宮型の豪華な霊柩車も街で見かけなくなってしまいました。これは日本人の冠婚葬祭に関する価値観が大きく様変わりしたためと言えるでしょう。特に日本の経済が低迷してしまい、デフレ経済から脱却できないので、冠婚葬祭の費用を抑えざるを得ない事情があるのも事実です。実際結婚式ですら執り行わない人も増えつつあります。こうしたことは横浜をはじめ全国区で見られることです。特に費用を最小限に抑えることができる家族葬は特に人気が高いと言えます。遺族への負担を考え、生前相談で自分で家族葬プランを予約し、自分で費用を払っておく人もいます。